不動産売却や管理について知っておくべきポイント

マンション管理診断とは

集合住宅

マンション所有者は、マンション管理診断というものを聞いたことがあるでしょうか?マンション管理診断とは調査診断や建物診断などいろいろな呼び方をされることがありますが、おもにマンションの大幅な修復のまえに行われることが多いです。日常的な点検と周期を決めて行われる定期点検に大別されます。項目によっては、建築基準法や消防法などの法律にそった資格をもった担当者による点検を行わなければならないものもあります。
簡単に説明すると、定期的に建築物への点検をおこなうことで、何か異常な自体が起こる前に建物の変化をキャッチし、その変化が大きくなってきたときはより専門的な目線で緊急に対応が必要なのか判断します。判断方法は目視や指触などです。場合によっては住民のアンケートを取る場合もあります。結果を総合的みて、補修の材料や修繕方法を選んで工事費用を概算で出します。マンション管理の診断は工事前に行われることが多いですが、注意していただきたいのは工事業者とはべつの第三者的な目線を持ったマンション管理の診断専門の業作に依頼したほうが、費用が業者のいい値にならず、修繕を適正な価格でおこなえることが多いです。現在マンション管理にあたり、マンション管理士に無料診断をしてもらえるサービスなどもたくさんありますので、サイト上で申し込んでみるといいかもしれません。マンション管理は何かあってから対処すると金額がさらにかかってしまう場合がおおいので、事前に変化を察知して、はやめの修繕をしましょう。